コメント

戦争を経験した語り部の人々がいなくなる日は遠くない。

私たちはこれから彼らに代わってどう伝えていけばいいのだろう。

映画を見て、朗読を聞いて、あふれる思いを語り合おう。語り合うことは

語り継ぐことになる。「語り部」の思いを受け継いでいくための「語り場。」

それが「ナガサキ 映画と朗読プロジェクト」なのだ。  (作家 青来有一)

 

広島、長崎をはじめ、

全国、世界中に今も苦しんでいる被爆者の方がいらっしゃいます。

世界で唯一の原爆の被害を受けた日本が核兵器禁止条約に入らないことは、

非常に腹立たしく残念なことです。

核兵器をなくす、日本は同じ過ちを繰り返すことなく、

決して戦争をしない国で居続けることを切に願ってやみません。

この朗読は、戦争の恐ろしさを知らない若い人たちに聞いていただいて、

被爆者の方々の思いを自分のこととして深く考えるきっかけになればと思います。(俳優 仲代達矢)